勧誘郵便物・・・

博士のひとり言

郵便物を多く受け取る。

保険、証券、M&A、クレジットカード、飲食店・・・

それらのほとんどが新規勧誘であったりイベントへの誘いであったり。

そしてほとんどのモノが表書きは印字だ。

印字の表書きに違和感は無いが、勧誘などの表書きとしては

無機質で冷たい印象を受けてしまう。

まあ、時代が時代だからしょうがないのだが・・。

 

一方で全体の1割に満たないのだが、手書きで表書きされたモノがある。

差し出し人の個性が見て取れる。

パッと見て綺麗な書体はどういった案内なんだろうかと開封する気持ちが高ぶる。

パッと見て字はヘタなのだが、丁寧に書いてるなと思う書体は

その担当者がどういう人なんだろう・・・と一寸興味が沸く。

パッと見て字が下手でその書き方に丁寧さが無いモノは

その封筒がどんなに高級でも、その会社の業務がどんなに良さそうでも、

開封する気持ちが萎んでしまう。

今日も多くの郵便物と出会う事だろう・・・。