筆記用具 -3-

人生の備忘録

長く生きてきている中で、筆記用具を使い続けてきた。

思い返せばかなりの量の文字を書き記してきた。

書き記す時に使う筆記用具に何を選ぶのかは、

その時々の場面や使うその人にとっての好み等による。

 

僕の場合はその書きやすさ、手軽さ、書き記した文字への満足感・・・等から

日常で使う筆記用具はZEBRA社の SARASA、ジェルボールペンだ。

その名の通りにサラサラとした書き味が嬉しい。

ノック式なので直ぐに使えるのも嬉しい。

芯の太さは0.7mmと決めている。

かれこれ10年以上は使い続けている。

色は、10色近くあるようだが、僕が使うのはブラック、ブルーブラック、赤の3色。

ブルーブラックは万年筆のインクとしてずっと使ってきている色なので、

3色の中では使用頻度が高い。

会社のデスク、自宅、メモ帳、鞄・・・などあらゆる所に置くようにしている。

何時でも何処でも書き記すことが出来るように。

それと万一インク切れになってしまったら

書き記すチャンスを失うことになるからストックを常に持つようにしている。

 

恐らく、日常の場面でこのさき生き抜いていく限り

使い続けていくことだろう・・・、と思いながらも頭の何処かには、

僕の好みに合うSARASA以上の筆記用具が出現してくることを

期待している僕がいる。