我が夢の持ち方

博士のひとり言

夢の持ち方はヒトそれぞれだ。

僕の持ち方は有り得ないような大きな夢を持つ事だ。

その理由は大きく言って2つある。

 

1つ目は、

大きな夢を叶える方法は無数に存在するから

その夢に向かって生きている中で思いも掛けない現実と出会う・・・。

有り得ないような大きな夢を持つ事で思いがけない人生を歩む事が出来る・・・。

 

2つ目は、

自分の与えられた人生の中でその夢が叶えられなくても

僕がこの世を去った後も誰かが僕の夢を引き継いでくれる・・・。

僕が棺桶に入って棺桶の中から参列者に「頼んだぞ!」と言えば

多くの人が「若山の夢はしっかりと引き継ぐぞ!」といってもらえる・・・。

 

1つ目は、僕の生き様かも知れない。

決して大きな夢とは言えないが僕が幼少の頃から描いていた夢は・・・

一刻も早く自分で働いて母を楽にしてあげたい・・。

だから与えられた環境で自分の持てる力を最大限出すようにしてきた気がしている。

 

結果、研究が嫌いだったのに研究者となり

思いも掛けない博士号の取得が出来た・・・。

 

結果、まさか経営者になるとは思っても見なかったが

数社の経営をするようになった・・・。

 

結果、人前で話をするのは最大の苦手事項だったが

千人に近い人数の前で講演や式典が出来るようになった・・・。

 

結果、ヨーロッパ、北米、南米、オセアニア・・・

多くの異国の地を訪ね歩く事が出来ている・・・。

 

結果、自ら開発した健康食品の原料で世界中の人々に

喜びをもたらせ続けて21年になっている・・・。

 

2つ目は僕があの世に行った後だから今はコメント出来ない・・・

けれどこんな気持ちで棺桶に入りたい。