打ち破れぬ壁は無い

博士のひとり言

長く生きてきた。

その過程で幼少の頃から何度も何度も壁にぶつかってきた。

残された人生の時間は少なくなってきているが、

日々懸命に生き抜いている限り今後も幾度となく壁にぶつかる事だろう。

 

壁が目の前に立ちはだかったら・・・

先ずはそのまま打ち破れるような壁なのかどうかを見極める。

そのまま簡単には打ち破れぬ壁のようなら、

後ずさったり、高いところに行ったりして、その壁を広く見てみる。

そうすれば必ず壁にひびが入っている所や壁が薄くなっている所が見つかるはずだ。

見つかったら、その場所に移動して壁に向き合えば

その箇所の壁はいとも簡単に打ち破れる・・・

僕はこうやって今までの人生に置いて立ちはだかった多くの壁という壁を

打ち破ってきた。

打ち破れぬ壁は無いのだ!