博士のひとり言

博士のひとり言

苗字・・・

どうでも良い事だけど・・・。 僕の名前は若山だ・・・。 読み方はワカヤマだ・・・。 初めて会った方々からメールをいただく際、 この若山・・・を間違えられる事がある。 余り間違えが起きない名前とその漢字であると思うから、 難しい漢...
博士のひとり言

我が夢の持ち方

夢の持ち方はヒトそれぞれだ。 僕の持ち方は有り得ないような大きな夢を持つ事だ。 その理由は大きく言って2つある。 1つ目は、 大きな夢を叶える方法は無数に存在するから その夢に向かって生きている中で思いも掛けない現実と出会う・...
博士のひとり言

日々の始まりと終わり

当たり前だけどヒトは毎日生きている。 生き方はヒトそれぞれ。 だから僕の生き方は僕の生き方・・・。 人生がいつ終わりになるかは誰にも分からぬが 幸いな事に今の今まで生き抜いて来る事が出来た。 残された日々の方が今まで生きてきた年月...
博士のひとり言

メモ帳(Memo pad) 

メモ帳は僕の日常において必須のアイテムだ。 社会人になってからずっと使い続けているから使用歴は40年に及ぶ。 使い始めは、保険会社などからもらえる手帳を使っていた。 自分で購入出来るようになってからは能率手帳を使い続けている。 古い...
博士のひとり言

矜持(Pride)

自宅の冷蔵庫の冷凍室が急に冷えなくなった。 徐々に中の冷凍品が溶けていく・・・。 冷気は来ているのだがとても冷凍が出来る冷気では無い。 急いでメーカーへ連絡したら、ラッキーなことに翌日の出張修理が決まった。 翌日、メーカーの修理...
博士のひとり言

ひとり言

いつもいつも何かを考えている。 起きている時も寝ている時も・・・。 頭に浮かんだ瞬間に声に出さずとも ひとり言として発しているような気がする。 寝ている時には考え事が夢となって現れるのだが、 そのときは夢の内容を覚えているが目...