人生の備忘録

人生の備忘録

書道 -2-

書道塾で墨を磨り終えると先生が朱色で書かれた その日の課題を一人ずつに配っていった。 その課題を見本として、半紙に書き上げていく。 書き上げて直ぐに先生の座る机に持っていくと、先生が朱色の墨で指導してくれる。 僕の字は瞬く間に朱色に...
人生の備忘録

書道 -1-

母は僕や妹をどうしても父のような達筆である成人にしたかったようで、書道塾に通わせた。 半世紀以上前、 父の形見の万年筆に出会う前の小学生の頃だったと記憶している。 書道塾は自宅から歩いて5分くらいの所にあった個人宅。 毎週1日の書道...
人生の備忘録

筆記用具 -3-

長く生きてきている中で、筆記用具を使い続けてきた。 思い返せばかなりの量の文字を書き記してきた。 書き記す時に使う筆記用具に何を選ぶのかは、 その時々の場面や使うその人にとっての好み等による。 僕の場合はその書きやすさ、手軽さ、...
人生の備忘録

筆記用具 -2-

中学生までに使ってきた筆記用具は、 鉛筆、シャープペンシル、ボールペン、父の形見の万年筆・・・と 遍歴を重ねてきた。 父の万年筆は古くてインクを吸い取るスポイトのゴムが劣化しつつあった。 それでもそのスポイトを上手く摘まんでインクを...
人生の備忘録

筆記用具 -1-

仕事に於いても日常の生活でも筆記用具は良く使う。 思い返してみれば半世紀以上も前から僕の筆記用具人生が始まった。 多分、幼少の頃に初めて手にしたのはクレヨンだろう。 ただ、クレヨンは基本絵を描く用具だから筆記用具からは除外しよう。 ...
人生の備忘録

書き初め

今日、1月2日に行われるのが書き初めだ。 書き初めの謂れは、新年になって初めて毛筆で文字を書くこと。 思い起こせば、小学生の頃から書道の授業の一環で冬休みの宿題が出されていた。 記す文字が指定されていたか、記す文字は自由だったのかは記...
人生の備忘録

運転免許証

運転免許を取得してから45年・・・、長く運転をしてきている。 取得してから通学に通勤に遊びに・・ ほとんど毎日運転をしてきたから通算の走行距離は膨大な距離になっているだろう。 運転免許を取得するためには45年前も現在と同じく教習所...
人生の備忘録

携帯電話

今更というか当たり前の事だけど技術の進化は早い・・・。 様々な技術の進化がある中で僕が自分で実際に感じているのが 携帯電話とカメラだ。 電話はダイアル式からプッシュフォン、そして携帯電話・・・。 はじめは自動車に設置出来る電話から携...
人生の備忘録

メモ帳(Memo pad) 

メモ帳は僕の日常において必須のアイテムだ。 社会人になってからずっと使い続けているから使用歴は40年に及ぶ。 使い始めは、保険会社などからもらえる手帳を使っていた。 自分で購入出来るようになってからは能率手帳を使い続けている。 古い...