2021-06

「食」のよもやま話

焼き野菜サラダ

本当は、アウトドアで炭火グリルをするのが良い のだろうが、今回はキッチンでのフライパングリル。 野菜はブロッコリー、赤と黄色のパプリカ、 アスパラガス、そしてカボチャ。 たまたま冷蔵庫にあった野菜達だが、色合いは まあまあ・・・。...
「食」のよもやま話

さくらんぼ

贈り物でサクランボを頂いた。 旬は6月から7月上旬だから、旬を美味しく頂ける。 頂いたサクランボは佐藤錦。 サクランボの王様だ。 箱を開ければ、赤身がかかったオレンジ色。 何色かと問われればどんな表現が相応しいのだろうか。 ...
「食」のよもやま話

割烹のポテトサラダ

僕が勝手に名物と名付けた、割烹佐々木のポテトサラダ。 カウンターいっぱいに並ぶ大皿にその日その日の 料理の中で真っ先に無くなっていく。 基本は出される料理はお任せなので、 大皿の料理は均等に減っていくのだが、 ポテサラを単品で頼む...
「食」のよもやま話

ハスの天ぷら

写真を見ただけではほとんどの方が 何の天ぷらかはわからないだろう。 天ぷらとしての出来映えも悪いし・・。 僕は大抵「ハス」と呼んでしまうが 正確にはハスの根ということでレンコンが正解。 レンコンが正解だけどここでは身勝手にハス...
「食」のよもやま話

ピリ辛潰しキュウリ

一寸ツマミに何か欲しいな・・と 冷蔵庫を覗いた時にキュウリを見つけると 直ぐに食べたくなるのが我流の即席キューリ漬け。 幼い頃のキューリといえば、ぬか漬けキュウリ。 ぬか床管理責任者では無かったが、 母の手伝いとして床下のかめ...
「食」のよもやま話

アスパラガスの煮物

初めて出会う食材を見た時から それを食した時の事を想像して ある時には期待が膨らみ、 ある時には躊躇してしまう。 この煮物が落ち着いた乳白色の小さな器に入れられて 目の前に出てきた時、まずはその色の鮮やかさに目が奪われた。 ...
「食」のよもやま話

ゆで玉子

玉子料理は幼少の頃から好きな料理の一つだ。 幼少の頃、スーパーのチラシの目玉は、 お一人様1パック・・・の限定で特売される玉子。 確か10個パックで98円位では無かったか。 50年以上も昔の事。 現在の価格は200円位? 玉子は...
「食」のよもやま話

小鮎の天ぷら

大将が奥にある板場から1.5リッター位の容器を運んで来て カウンター正面に見える壁際に置いた。 見ると氷がたくさん入った容器で何やら黒いモノが動いている・・ というか暴れている。 僕はその中身を知っているのだが、一緒に居た僕の今日の...
「食」のよもやま話

カマルグの塩

塩に特別なこだわりは無い、、 というよりはこの塩に出会うまではこだわりは一切無かった。 塩っ気が幼少の頃から好きだった。 塩っ気が強いと少ないおかずでご飯を多く口に出来た。 この塩に出会って16年になるが、 この塩無しでは...
「食」のよもやま話

ブログ開設に際して

貧しかった幼少期に食べることだけを考えていたからなのか、 単純に食べることや料理することに興味があったからなのか、 工学部で学んだにも関わらずその分野とは全く違う 食品メーカーに就職。 以来、「食」を軸に様々な人生経験をして...