さくらんぼ

「食」のよもやま話

贈り物でサクランボを頂いた。

旬は6月から7月上旬だから、旬を美味しく頂ける。

頂いたサクランボは佐藤錦。

サクランボの王様だ。

 

箱を開ければ、赤身がかかったオレンジ色。

何色かと問われればどんな表現が相応しいのだろうか。

早速、口に含んで噛んだ瞬間に、甘みが口一杯に膨らみ

その後から一寸した酸味が追いかけてくる。

この適度な酸味が日本のサクランボの特徴だと思う。

 

口に広がる甘みと酸味は一瞬で喉の奥へと

進んでいき口の中にはその名残として小さな種。

種の周りに少し残る果肉を、これでもか!と削ぎ取っていく。

こんな繰り返しの甘酸っぱさを楽しむ時間は

あっという間に過ぎ去っていく。