2021-10

「食」のよもやま話

天盛り蕎麦

時々、蕎麦が食べたくなる。 季節は問わず、蕎麦屋で注文するのは冷たい蕎麦。 蕎麦だけだとなんとなく寂しいので天ぷら盛り蕎麦が定番だ。 良く行く蕎麦屋でいつものように天盛り蕎麦を注文。 このお店が気に入っている理由は、 天ぷらは...
博士の研究史

松茸の人工栽培  〜5〜

松茸菌を育てる培養液を構成するアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類、 糖類などの成分を様々な組み合わせで培地を作成し、 ひたすら松茸の香り成分である、1-octen-3-olの発生量を測定していく。 2年ほどの期間を経て、アミノ酸の増...
「食」のよもやま話

サザエ肝バター

出された小鉢からバターの匂いを感じ取る。 「サザエの肝バターです」 マスターが説明してくれる。 小分けされたサザエの身の大きさからして かなり大きなサザエを使っているのだろう。 一片を口にすればその瞬間にバターの風味が口に広が...
「食」のよもやま話

蕎麦麩

目の前に小鉢が出てきた。 出してくれた女将といつもの会話となる。 「これは?」 「そばふ・・です。」 「そばふ?聞いたことが無いな。」と知らぬ事を自慢する僕。 するとカウンター越しにいた大将が説明してくれた。 「そば粉を生麩...
博士の研究史

松茸の人工栽培  〜4〜

松茸菌の生育は非常に遅い。 だから三角フラスコを円状に回転させながら 松茸菌を培養する液体培養法では 松茸菌は小さな小さなツルッとしたボール状になっていく。 正しく松茸菌の菌糸の塊。 培養日数に応じて、仁丹状・ビー玉状・ピンポン球...
「食」のよもやま話

ほうれん草ナムル

見習いの若いマスターが 「ほうれん草のナムルを作ってみました・・・。」と小鉢を出してくれた。 「美味しそうだね」と言いながら頭の中で ナムルって韓国料理で山菜などがその素材だというのが僕の認識。 ほうれん草のナムルは僕の辞典には...
「食」のよもやま話

イクラご飯

いつも締めで頼む「卵かけご飯」に変えて「イクラご飯」を頼んでみた。 頼むと大将が一寸驚いた感じで 「卵かけご飯でなくて良いんですか?」と聞き返してきた。 「良いも悪いも今日はイクラが食べたいんだ!」と僕の気持ちを言い返す。 本当は卵...
博士の研究史

松茸の人工栽培  〜3〜

研究室を訪ねて共同研究の申し込みをした日から2週間後、 再び寺下研究室を訪ねた僕は恐る恐る 研究テーマ案「松茸の香気成分発生メカニズムの解明」を先生に差し出した。 一通り僕の研究企画書に目を通されてから先生が口を開いた。 「面白...
「食」のよもやま話

牛肉の生ハム仕立て

肉割烹のお店で2皿目に出てきたお皿の料理は 今までに見た事が無いモノだった。 「これは何?」と問えば 大将は問われるのが分かっていたのだろう・・直ぐに答えてくれた。 「松阪牛の生ハム仕立てシーザーサラダです。」 僕もここぞと攻...
「食」のよもやま話

ミックスパスタ

最初はシンプルなペペロンチーノでも作るか・・・ という事で準備を始めたのだが、 始めるとこれも入れるかあれも入れるか・・・。 結果、キャベツ、ブロッコリーの芯、エビ、ソーセージ・・・ けっこう豪華版となってしまった。 ニンニク...