牛肉の生ハム仕立て

「食」のよもやま話

肉割烹のお店で2皿目に出てきたお皿の料理は

今までに見た事が無いモノだった。

 

「これは何?」と問えば

大将は問われるのが分かっていたのだろう・・直ぐに答えてくれた。

「松阪牛の生ハム仕立てシーザーサラダです。」

僕もここぞと攻め立てる・・・。

「生ハムって自家製なの?」

大将は心得たり!という風で、

「はい、塩を振って熟成させてあります。」と。

大将が答え始めた瞬間から添えられたロメインレタスを口にしていた。

 

レタスをすっかりと食べ終えるとお皿は松阪牛の生ハムだけとなっていた。

薄い肉を半分に切ってパクッと口に放り込む。

その瞬間から脂と身の旨味が薄めの塩気と共に溶けながら口一杯に広がっていく。