2021-11

「食」のよもやま話

サラミ&ウィンナーの盛合せ

下町のレストランで注文したサラミとウィンナーの盛合せが テーブルに運ばれてきた。 お皿には薄切りのサラミが5枚、ウィンナーが3本・・・、 見た目の美しさからの枚数と本数だろうか。 添えられたケチャップが何となく嬉しい。 口にす...
博士の研究史

イワシ丸ごとすり身の開発 -1-

研究開発は中長期を見据えたテーマ設定が多いから 研究期間は長い事が多い。 国内留学でバイオテクノロジーを学んで以来、様々な研究開発テーマを実施してきた。 その中で最も研究開発が短期間で終わって直ぐに 製品(原料)開発にまで進んだテー...
「食」のよもやま話

ふぐの湯引き

この日のお通しは、ふぐの湯引きだった。 湯引きとは食材をサッと熱湯にくぐらせてから急冷する調理法だ。 ふぐの場合、生の身の食感と熱が入った身の食感が全く異なる・・・。 生の身は一寸でも厚いとかみ切れぬ程身がしっかりとしている。 だが...
「食」のよもやま話

松阪牛筋煮込み

牛筋(すじ)の煮込みをいただいた。 牛筋は好き嫌いがはっきりしている食材の一つだと思う。 聞けば、筋肉(すじにく)は、アキレス腱の部分や腱が付いた肉のことだという。 見た目はホルモンに近いがホルモンは内臓なので 見た目は同じでも違う...
博士のひとり言

リーディンググラス

寄る年波には勝てない・・・。 数年前から老眼鏡が必要になった。 老眼鏡を購入しようとお店に行って定員さんから 老眼鏡の別の呼び方があるのだと聞いた。 それがリーディンググラス。 なるほどなあ、老眼鏡よりは余程聞こえが良い。 ...
「食」のよもやま話

しろ菜のお浸し

「しろ菜のお浸しです」 聞いたことが無い名前の野菜だ。 大将が説明してくれる。 聞けば、しろ菜は古くから大阪で栽培されてきた野菜で、 主として大阪を初め京都や奈良などで栽培されているらしい。 白菜の仲間で、形は小松菜と同じような形...
「食」のよもやま話

ふぐ白子

ふっくらと焼かれたふぐの白子。 酢橘を搾ってから一寸フーフーと息を吹きかけてから一口する。 噛めばパリッと焼けた表面の先からトローンとした白子の中身が口いっぱいに広がっていく。 表面に振りかけられた塩の塩気と酢橘の香が追いかけてくる。...
博士のひとり言

フィッシング詐欺・・・

最近、知り合いがフィッシングに引っ掛かった。 慎重なヒトであることは良く知っていたので その事を知った時には「何で?」というのが素直な感想だった。 事情を聞くと、Apple社が展開しているiCloudへのIDをフィッシングされたの...
「食」のよもやま話

ハム&チーズ&エッグサンド

サンドイッチ、片手で気軽に食べられるし、とにかく美味しいから大好きだ。 特に好きなのがハム、チーズが具材であるサンドイッチ。 もしもそこに卵が加われば堪らなく僕好みとなる。 アメリカでもよく食すサンドイッチ。 堪らないのがハムの...
「食」のよもやま話

ホタテかやくご飯

締めでご飯ものが目の前に出てきた。 大ぶりのホタテが目に飛び込んでくる。 大将から説明を受けるまでも無く、これはホタテのかやくご飯だと分かる。 散らしてある小ネギの緑色が見た目に嬉しい。 ホタテの一片とご飯を一緒に口に入れる。 ...