しろ菜のお浸し

「食」のよもやま話

しろ菜のお浸しです」

聞いたことが無い名前の野菜だ。

大将が説明してくれる。

聞けば、しろ菜は古くから大阪で栽培されてきた野菜で、

主として大阪を初め京都や奈良などで栽培されているらしい。

白菜の仲間で、形は小松菜と同じような形をしているという。

 

ひとしきり、大将からの説明を聞いてから一口を口にする。

煮てはあるもののシャキッとした食感があってその後から

出汁の旨味が追いかけてくる。

噛みしめていけばジューシーな旨味が溢れ出てくる。