「食」のよもやま話

「食」のよもやま話

とんかつ・・・

料理はただ食べるだけでは面白く無い。 美味しいだけで無く、見た目や食べる周りの環境も大切だと思う。 見た目の良い料理を素敵な環境で、楽しく美味しく食べるのが理想だ。 ある日のこと・・・そうだ、とんかつ食べようと思ってキッチンに立つ...
「食」のよもやま話

バーニャカウダ

目の前に供されたお皿を見た瞬間に、 和食のお店なのに珍しいな・・・と感じた。 名前はハッキリとは覚えていないが、イタリア料理で 良く出る野菜を熱いソースに付けて食べる料理である事は分かった。 大将に「これは・・・?」と問うと ...
「食」のよもやま話

エビフライ

下町のレストランでエビフライを頂いた。 エビフライと言えば洋食レストランの定番だ。 大きめのエビが2尾フライにされていてお皿のど真ん中で存在感を示している。 その上に置いてあるレモン、その下にこれまた存在感を示すキャベツとスパゲティ、...
「食」のよもやま話

ズワイガニ

ズワイガニが綺麗に盛られたお皿が運ばれた。 見た目から大きめのズワイガニと分かる。 ボイルされた脚と胴体の身が目に飛び込む。 恐らく胴体の身はミソと和えてあるのだろう。 先ずはほぐして食べ易くしてある胴体の身から口にする。 口...
「食」のよもやま話

素麺ペペロンチーノ・海老入り

パスタの代わりに素麺を使う事にハマっている。 といっても、そんなに度々料理をするわけでは無いのだが。 素麺をパスタとして使う場合のコツというかポイントは その茹で時間と茹でた後の水洗いにあると思っている。 先ず、茹で時間が長いと...
「食」のよもやま話

サラミ&ウィンナーの盛合せ

下町のレストランで注文したサラミとウィンナーの盛合せが テーブルに運ばれてきた。 お皿には薄切りのサラミが5枚、ウィンナーが3本・・・、 見た目の美しさからの枚数と本数だろうか。 添えられたケチャップが何となく嬉しい。 口にす...
「食」のよもやま話

ふぐの湯引き

この日のお通しは、ふぐの湯引きだった。 湯引きとは食材をサッと熱湯にくぐらせてから急冷する調理法だ。 ふぐの場合、生の身の食感と熱が入った身の食感が全く異なる・・・。 生の身は一寸でも厚いとかみ切れぬ程身がしっかりとしている。 だが...
「食」のよもやま話

松阪牛筋煮込み

牛筋(すじ)の煮込みをいただいた。 牛筋は好き嫌いがはっきりしている食材の一つだと思う。 聞けば、筋肉(すじにく)は、アキレス腱の部分や腱が付いた肉のことだという。 見た目はホルモンに近いがホルモンは内臓なので 見た目は同じでも違う...
「食」のよもやま話

しろ菜のお浸し

「しろ菜のお浸しです」 聞いたことが無い名前の野菜だ。 大将が説明してくれる。 聞けば、しろ菜は古くから大阪で栽培されてきた野菜で、 主として大阪を初め京都や奈良などで栽培されているらしい。 白菜の仲間で、形は小松菜と同じような形...
「食」のよもやま話

ふぐ白子

ふっくらと焼かれたふぐの白子。 酢橘を搾ってから一寸フーフーと息を吹きかけてから一口する。 噛めばパリッと焼けた表面の先からトローンとした白子の中身が口いっぱいに広がっていく。 表面に振りかけられた塩の塩気と酢橘の香が追いかけてくる。...