焼き野菜サラダ

「食」のよもやま話

本当は、アウトドアで炭火グリルをするのが良い

のだろうが、今回はキッチンでのフライパングリル。

野菜はブロッコリー、赤と黄色のパプリカ

アスパラガス、そしてカボチャ

たまたま冷蔵庫にあった野菜達だが、色合いは

まあまあ・・・。

 

ブロッコリーはその花蕾の部分を茎の部分に

包丁を入れて裂くように分ける。

こうすると裂けたところが平らになるので

グリルするには都合が良い。

 

パプリカは上部に付いている枝の脇から

包丁を入れて好みの幅で形に添って底の方まで

切り取る。

この方法で切り分けると最後は枝とそこから始まる

種とワタだけが残るから僕はこの切り方を採用している。

 

カボチャは四分の一に切り分けられた状態のもの

だったのでその形に添って5ミリ位の薄切り。

 

アスパラは1本の半分をさらに2つに切り分けた。

 

野菜の準備が整ったらフライパンにオリーブオイル。

オイルが熱くなった後に火が通りにくい順に投入していく。

カボチャ、ブロッコリー、アスパラガス、パプリカが

今回の順番。

順番が合っているのかどうかはわからない・・・。

焼き上がったものから引き上げれば良いのだから

あまり気にしなくても良いのかも。

両面が焼き上がりそうなものから、塩と胡椒を振りかける。

オイルがしっかりと絡みついて美味しそうなグリルの

焼き色が付いた野菜達が塩と胡椒で化粧されていく。

センスがあるかないかはわからぬが、自分なりに

きれいにお皿に盛り付けて焼き野菜サラダが

出来上がった。