オクラのかき揚げ

「食」のよもやま話

オクラを時々食べたくなる。

 

いつもの食べ方は、オクラをサッと茹でて

輪切りにしてそこにオカカを振りかけて

醤油か出汁醤油でいただく。

 

オクラと言えばネバネバ感が特徴だ。

ネバネバの正体はムチン。

分子量100万〜1000万の糖タンパク質で

大きくは水溶性食物繊維に分類される。

滋養強壮に働くので夏場のスタミナアップに

適した食材だ。

 

このオクラをかき揚げにするのを料理の情報番組で

見た記憶が蘇り、早速チャレンジ。

 

オクラの頭部分のイガイガをこそぎ落として

輪切りにする。

小麦粉をまぶして、水溶き小麦粉を投入。

しっかりと混ぜてお玉で形を整えて

油へ投入・・・。

天ぷらを揚げるコツを良く行く天ぷら屋さんの

大将の所作から盗み取った・・・つもり。

 

満足いくカラッと感には届かないが、

まあまあの出来映え。

素材によって塩、天つゆ、醤油を

使い分けるがこのオクラのかき揚げは

醤油で食べた。

 

衣のサクッと感をまず味わった先に、

オクラ特有のネバッと感が追いかけてくる。

揚げる加熱によってネバネバが強調されたのだろう。

噛みしめればそこに醤油と衣が融合した

旨味がジュワーッと口に広がっていく。

小さめの塊は、あっという間に口の中に消え去っていく。