ソーセージ

博士のひとり言

小腹が空いた時に簡単に調理出来て、

美味しく食べられるのがソーセージだ。

そのまま焼くと皮が弾けて裂けるので

あらかじめ、斜めに切り込みを入れる。

フライパンに入れて弱火でゆっくりと転がしながら焼いていく。

ソーセージから糖分が溶け出してきて飴状になりながら焦げていく。

この焦げが程良いと、意外に美味しい・・・。

焼き上がったソーセージの端に、マスタード

たっぷりと付けて口にすれば、プチンと皮から音がして

その先にマスタードが絡まった肉の旨味が

口いっぱいに広がっていく。