毛蟹の焼き物

「食」のよもやま話

カニが食卓へ出されるとその身を取り出すのに

夢中になって多くの人が無口になる。

だが今回頂いたカニはあらかじめ大将の手によって

足、胴体に存在する身が綺麗に取り出されてあるから

無口になってしまうことは無い。

 

取り出された身は

適度な塩加減で合わされてから

甲羅へ詰め込んである。

詰め込んだ甲羅をそのままオーブンで

焼いてあるから焼き目が付いて食欲をそそられる。

 

身がギッシリ詰め込んである甲羅の半分量が一人前。

そのカニは毛蟹

家庭ではこんな手間はかけられない。

大将の手間のお陰で、客人との会話は

一切中断されない。

ただ、僕の心の中では、甲羅半分量では無く

丸ごと食べたいなあ・・・と叫んでいる。

 

足の身は後で・・・という事で先ずは

胴体の身の部分から口にする。

しっかりとした身の食感を感じると同時に

フワーッとしたカニの身を感じる。

噛みしめれば、身のほんのりした甘さを

強調するように良い塩梅の塩気。

そしてその先にカニ味噌の磯の香が

追いかけてくる。

カニ味噌はその濃厚さからそれだけで

主役となり得るが今回はホンのちょい役に徹している。

これならカニ味噌が苦手な人でも

全く気にならないだろう。

 

大将の技を感じながら、

半身の毛蟹はあっという間に消え去った。