トウモロコシ(Mexican Corn)

「食」のよもやま話

トウモロコシを皮のまま焼くと、中身は程良く蒸された状態になる。

熱々の状態で皮を剥くと綺麗に並んで湯気が立ち上るコーンの実。

半分に切って調味し易いように、そして食べ易いように、芯に竹串を刺す。

このまま塩を振りかけて食べるだけでもかなり旨いのだが、

今日の狙いはメキシカン。

 

竹串を刺した熱々のトウモロコシ・・・、先ずはバターを万遍なく塗りたくる。

バターの次はマヨネーズ、マヨネーズは出来れば酸味控えめのタイプが良い。

そして量はお好みだがチリフレイクを振りかける。

最後はパルメザンチーズを振りかけて出来上がり。

使う調味料が嫌いで無い限り、これでマズい・・・というヒトはいないだろう。

 

竹串を持って端から囓りつく。

口の周りの汚れなんかは気にしない。

バターの風味にマヨネーズの酸味を

まず感じて、その後からチーズのコクが追いかけてくる。

噛みしめればコーンの実の存在を感じその実から

微かな甘味、そして最後にチリのピリッとした辛みが締めくってくれる。

 

本場メキシコの地で食したらどんな感じなんだろう・・

なんて思いながら日本の空の下でコーンを囓り続ける。