鶏皮の唐揚げ

「食」のよもやま話

幼少の頃から良く食べていた食材は、

安く手に入るモノが多かった。

一生懸命に食費を切り詰めつつ、

僕ら兄妹を育ててくれた母には感謝しか無い。

食パンの耳、おから、豚バラ、鶏ガラ、鶏皮、、、

いずれも我が家特有のやや濃いめの味付けが

懐かしい。

 

鶏の皮が手元にあった。

鶏皮といえば母の手料理の中でごちそうの分野に

位置付けされる鶏皮のから揚げだ。

 

鶏皮に下味を付ける。

醤油ニンニクショウガ・・・全て目分量。

片栗粉をまぶして油へ投入。

 

投入する時に皮を広げるのでは無く、

丸める形で投入するのが僕流・・・。

 

出来上がりの食感をパリッとさせたいなら、ちょっと高温、

皮の存在感を味わいたいなら低めの温度、、が良い。

僕流の投入の仕方だと、パリ感と存在感の両方が

味わえる。

 

欠点は下味が僕の好みである濃い目だから、

油の温度が高いと中に火が通る前に色が付いてしまうことだ。

独りで食すからどんな出来映えでも問題ないのだが、

免疫力を高めるのなら、五感全てが喜ぶモノを

作りたい。

今回の出来映えはその味付けも含め揚げ上がりも

かなり満足のいくものだった。