イクラご飯

「食」のよもやま話

いつも締めで頼む「卵かけご飯」に変えて「イクラご飯」を頼んでみた。

頼むと大将が一寸驚いた感じで

「卵かけご飯でなくて良いんですか?」と聞き返してきた。

「良いも悪いも今日はイクラが食べたいんだ!」と僕の気持ちを言い返す。

本当は卵かけご飯も食べたかったんだけど・・・。

 

出てきた小鉢に入ったイクラご飯、

はじめに目に飛び込んできたのは、ピカピカとしたイクラだ。

その輝きは海産物の「紅い宝石」と呼ばれるに相応しい。

添えられた大葉山葵が「紅い宝石」を引き立てる。

 

ご法度な食べ方だとは十分に知っているが、

小皿をリクエストして醤油と山葵を合わせ、

それをイクラの上から回しかける。

「イクラには味が付いていますからそのままで・・・」

という大将の心の叫びは聞こえない振りをする。

 

口に入れれば、ほんの少しの磯の香を感じ噛み進めれば

噛む度にプチプチとイクラが潰れていく。

そのたび毎にイクラの旨味とご飯の甘味と醤油の塩気が

絡み合って喉元を通り過ぎていく。