サワラ塩焼き

「食」のよもやま話

サワラの塩焼きをいただいた。

サワラは成長と共にその呼び名が変わる事から出世魚の一つ。

サワラは出世頭だから縁起が良い・・・

なんて一緒の客人達に冗談を言って、

大根おろしとレモンを搾った身に醤油を掛ける。

上品に食べるなら身には醤油は掛けないのだろうが、

何せ醤油好きなモノで、気軽な客人達の前では遠慮はしない。

 

箸で身を切り取って口にする。

パリッとした表面を感じて噛み進めれば

その瞬間に中の身がフワーッとしているのを感じ、

更に噛み進めれば白身の旨味がフワーッと追い打ちを掛けてくる。