炙り明太子

「食」のよもやま話

炙り明太子を注文した。

注文すると「炙り方はウエルダン?ミディアム?」と

大将が尋ねてきた。

初めて行く店だったので「粋な言い方だねえ。」と先ずは発して

ちょっとの微笑みをもらってから「中生でお願いします。」。

このやり取りで、今度行った時も大将は覚えておいてくれるだろう・・・

と思う。

 

しばらくして炙り明太子が僕の前に・・・。

炙り明太子・・・お店によってはバーナーで

表面を炙るものもあるが、見るからにしっかりと直火で炙ってあるのが分かる。

一口すればパリッとした外皮を感じ、

その先にプチッとした卵の存在を確認する。

噛みしめれば炙る事によって凝縮された明太子の

旨みと辛みが口に広がっていく。