カマンベールフライ&唐揚げ

「食」のよもやま話

3人のグルメ会メンバーが全員揃っての初めてのお店、下町のレストラン。

それぞれが好きな品をメニューから選んで注文して皆で分けようと決めた。

僕は唐揚げ、ソーセージ&サラミを先ずは注文。

他の人はカマンベールフライ、ナポリタン、メンチカツ、エビフライ・・・を注文。

色々な洋食を一度に注文した後、久々の再会に話が弾んでいた。

そこにウェイトレスさんが最初のお皿をテーブルに置いてくれた。

一品ずつの説明は無いお店なのか、説明があっても聞く耳持たず状態だったのかは記憶に無いが、

僕はお皿を見た瞬間にその皿が僕が注文した唐揚げだと思ったが

ちょっと唐揚げとは違う様子。

下町のレストランだからかな?と思いながら

他の二人に「ナゲットみたいだね」と・・・。

僕はこのレストランの唐揚げはナゲットみたいだと思い、

他の二人は形がナゲット見たいと僕が言ったと思い・・・

誰も僕の言葉には反応が無かった。

 

唐揚げには醤油を掛ける派なので、一つを摘まんで醤油に付けて口に入れる。

そして噛んだ瞬間、思いもよらぬ柔らかな食感に飛び上がるほどビックリした。

「あれ?これは何?」と僕が叫ぶと

二人が「カマンベールフライですよ」と余裕?の答え。

「そうなんだ。Yさんが頼んだの?てっきり唐揚げかと思っちゃったよ。」

その時だった。

僕が注文した見るからに唐揚げが乗ったお皿が運ばれてきた。