ふぐ白子

「食」のよもやま話

ふっくらと焼かれたふぐ白子

酢橘を搾ってから一寸フーフーと息を吹きかけてから一口する。

噛めばパリッと焼けた表面の先からトローンとした白子の中身が口いっぱいに広がっていく。

表面に振りかけられた塩の塩気と酢橘の香が追いかけてくる。

 

中身の濃厚さに比べて塩気が負けているように思えたので

次の一片には、塩をまぶしてから口にする。

中身の濃厚さと塩気の塩梅がちょうど良くマッチして

二口目は最初より数十倍の旨さが口いっぱいに広がった。