なめ茸

食・彩・記

なめ茸はエノキタケを醤油で炊き込んだモノだ。

エノキタケといえばシイタケと並んでスーパーのキノコ売り場の年中無休の定番だ。

鍋や炒め物の具材として大活躍しているキノコだと思う。

 

ある日のこと、エノキタケが残っているのを冷蔵庫で発見。

何か気軽に食べられるようなエノキタケ料理は無いかな?

と調べてみたら「なめ茸」の文字を発見。

その日、2度目の発見だ・・・。

僕にとって「なめ茸」はかなり好きなモノの一つだ。

お恥ずかしい話、「なめ茸」はその瓶詰めを買って食べるものとばかり思っていた。

自分で作れるという感覚は一切無かったのだ。

 

そんな訳で人生で初めての「なめ茸」作りに挑戦してみた。

エノキタケを適当な長さに切って醤油みりん、酒で煮込むだけ。

僕の場合は醤油1.5、みりん1、酒1。

煮込んでいるうちにエノキタケからとろみが出てきて、なめ茸が出来上がる。

出来上がったエノキタケの煮物であるなめ茸を

小鉢に取って、最近僕のお気に入りである一味唐辛子山椒を振りかける。

一口すればエノキタケの存在を示す食感と、とろみが付いた煮汁の旨味が合わさっていく。