サザエ肝バター

「食」のよもやま話

出された小鉢からバターの匂いを感じ取る。

サザエの肝バターです」

マスターが説明してくれる。

小分けされたサザエの身の大きさからして

かなり大きなサザエを使っているのだろう。

 

一片を口にすればその瞬間にバターの風味が口に広がっていく。

噛めば、コリッとしたサザエの身を感じて

その先から磯の香を引き連れた肝の濃厚な味が追いかけてくる。

噛めば噛むほど、サザエ、肝、バターが三位一体化していき、

その名残を口中に広げて喉元を通り過ぎていく。