マツタケのフライ

「食」のよもやま話

マツタケのフライです。」

大将が新しいお皿を目の前に置いてくれた。

長く生きてきた中で沢山のマツタケ料理を食べてきたが

記憶を辿っていく限りマツタケのフライを食べるのは初めて。

 

「この酢橘を振りかけて食べれば良い?」

と尋ねると

「はい、少し塩を振ってありますから

そのままで行けます・・・が意外に合うのが

ウスターソースなので試してみてください。

その小皿がウスターソースです。」

と大将が応えてくれる。

 

「ウスターソースかあ・・・。確かに意外だなあ・・」

そう言いながら、酢橘をフライに振りかけて

ウスターソースを付けて口にする。

カリッとした衣の食感とウスターソースのスパイシーな旨味を感じる。

噛み進めればジュワーッとマツタケのエキスと

マツタケの香りが溢れ出てきて口いっぱいに広がりながら

衣とソースの旨味と混ざり合っていく。