土瓶蒸し

「食」のよもやま話

カウンターにマツタケが置いてあった。

「もうマツタケの季節だね・・・」

「ええ、良いマツタケが手に入りました」

大将との会話からその日の料理が始まった。

 

大将が土瓶蒸しの器を調理台に並べ始める。

恐らくしばらく後に土瓶蒸しが出てくるのだろうな・・・

なんて思いながら今日ご一緒している客人達と仕事の話が続く。

 

「土瓶蒸しです・・・」女将が背後から声を掛けてくる。

先ずは蓋の上のお猪口を取って汁を口にする。

パアッと口に初秋の香りが広がる。

ほぼ同時に出汁の旨みと塩気と上品な醤油の旨みが

初秋の香りと複雑に絡み合いながら喉元を通り過ぎていく。

この嬉しい時を三度ほど味わって、土瓶の蓋を取る。

 

中身はマツタケと飾りミツバのみ・・・。

マツタケの香りと出汁の旨みだけ。

マツタケを口に運ぶ。

口に入る瞬間からマツタケの香りを感じ

その先に出汁の旨みがかぶさってくる。

噛めばマツタケ特有のコリコリとした食感。

コリコリする度に出汁の旨みとの融合が深まっていく。