隠岐牛サーロイン握り

「食」のよもやま話

「隠岐牛のサーロイン握りです。」

女将がカウンターの背後からお皿を

カウンターに置いてくれたと同時に

カウンター越しの目の前の大将が説明してくれた。

 

サシが入った鮮やかな色が目に飛び込んでくる。

肉が大きいので中に包まれているシャリは見えない。

サシは肉の赤身の間にある脂肪でその色合いが

大理石状なので英語ではmarblingというが目の前にある肉は正しくマーブル模様。

 

箸では摘まみにくいので直接手で摘まんで一気に口に放り込む。

その瞬間に肉のネットリした食感が口に広がり、

その後からかけられた醤油ベースのタレと

芽ネギの香りが追いかけてくる。

噛みしめていくと肉の脂の旨味とシャリの酢の味が

溶け合いながら混ざり合っていく。