チキンウィング

「食」のよもやま話

アメリカへ行って食事をする時、

そのレストランのメニューに「チキンウィング」が

あるとつい追加でオーダーしてしまう。

メインにボリュームのある料理を頼むのに、、、。

 

「チキンウィング」に限らず、僕の場合は

所謂別腹という自分への言い訳として

サイドメニューをオーダーする事が多い。

単なる食いしん坊の発想なのだが・・。

余ればドギーバックで持ち帰れば良いという

安心感も根底にある。

 

さてこの「チキンウィング」はその店によって

その味付けや鶏の調理の仕方が違う。

僕が知る限り調理はグリルかフライなのだが、

絡めるソースがしっかりと絡むフライの方が

好きだ。

僕が頼むソースはホット系が多い。

そして「チキンウィング」に付けるディップとして

ブルーチーズ入りのランチ(Ranch)があれば最高だ。

 

ドロッとした濃厚なソースを纏った「チキンウィング」を

素手で掴み、ドップリとディップにしたして

ソースの上からランチを重ね着させる。

たっぷりと厚着させられた「チキンウィング」を

口に運ぶ。

口の周りに付くソースは気にしない。

噛めば、ランチからのマヨネーズの酸味、

ブルーチーズの塩気と特有の香り、

そしてソースの濃厚な旨みと甘みと辛みが

口中に広がっていく。

噛み進めば、最後にチキンの旨みが余韻として

更なる至福感を与えてくれる。