ミンククジラ燻製

「食」のよもやま話

「ミンククジラの燻製です。」

大将がニコッと微笑んで小皿をカウンターに置いてくれた。

薄切りにされた4片のミンククジラ燻製が小皿に横たわっている。

見た目、ボリュームが無いので対応に困る。

 

「燻製・・・ってお店で燻製するの?」

我ながらしょうもない質問だ・・・。

だが大将は、奥の調理場を指さしながらキチンと答えてくれた。

「ええ、しっかりとした味付けてこちらで燻製しています。」

 

1片を口に入れる。

口に入った瞬間に燻製のなんとも言えぬ風味が口に広がる。

脂部分も脂ぎっていない。

恐らく温燻によって脂分はしっかりと落とされているのだろう。

噛むとちょっとネットリした身から塩気が

出てきてその後から脂と身の旨味が追いかけてくる。

塩気、燻味がそこに混ざり合いながら口に広がっていく。