ウナギの押し寿司

「食」のよもやま話

この日の会食はいつもより少し遅めの時間からのスタートだった。

席について直ぐに出てきたのがウナギの押し寿司。

「先ずはお腹に入れて頂こうと思いまして・・。」

と大将が言う。

続けて「天然物の国産ウナギです。」との説明。

 

「これだけでお腹一杯になっちゃうね。」

と僕が軽口を叩くと

「シャリは小さくしてありますから・・・。」

遅い時間からの食事に配慮してくれたのだろう。

 

ここで大将には大変失礼だったのだが更なる軽口・・

「焼いた蒲焼きをお店で買ってきてシャリに乗せたの?」

大将は何時もの僕の軽口を心得ているから微動だしないで応えた。

「とんでもございません。生のウナギを捌いて蒸し上げて

焼いたモノです。タレも自家製です・・。」

客人がいるからいつもと違って一寸丁寧な口調・・・。

 

「さすがは大将だね!頂きます!」

一口すればパリッと焼かれた皮の先にフワーッとした

ウナギの身の淡泊さ、そして噛みしめれば

上品な酸味が効いた小さなシャリの存在を感じる。

更に噛み進めればシャリとウナギの混合物を

しっかり煮詰めた濃厚でありながら上品なタレが

まとめ上げてくれる。