ヤムウンセン

「食」のよもやま話

出前でタイ料理「ヤムウンセン」を注文した。

メインの料理にプラスしてよく頼む。

甘酸っぱい味付けが特徴の春雨サラダ。

春雨の他にエビイカ、挽肉が一緒なので

サラダと言えどもこれだけでメイン料理となり得る。

 

タイ料理において甘酸っぱさは基本であることが多い。

実際にタイでレストラン等で食事をする際、

そのほとんどのレストランのテーブルには4種の調味料が置いてある。

甘味は砂糖、辛味は青唐辛子、酸味はお酢、塩味はナンプラー

一般的だ。

この4種の調味料の存在が如何に重要かを知ったのは

タイに初めて行って現地の屋台でラーメンを食べた時・・・。

スープの味は薄め。

その味を先ずは見定めてから、4種の調味料で好みに味付けをする。

この味付けがピッタシ決まった時の美味しさは半端ない。

 

さて出前の「ヤムウンセン」。

味付けはしてあるが、タレというかドレッシングが別添えされていた。

タレはナンプラー、砂糖、酢、ニンニク、唐辛子などが

合わさっている。

僕の味の好みは濃い目・・・ということで、

先ずは別添のタレを万遍なく振りかける。

お皿の下の方に存在する春雨に箸を入れ込んで具材と混ぜ合わせる。

 

たっぷりとタレが絡まった春雨を一口すれば

タイ料理ならではの複雑な甘酸っぱさにパクチー

一寸した苦みと青臭さが加わり、更には挽肉の旨みが加わっていく。

本場で食べる「ヤムウンセン」の味の複雑さには

到底及ばないが、時々無性に食べたくなるのが「ヤムウンセン」だ・・・。