完熟マンゴー

「食」のよもやま話

宮崎県で生産された「完熟マンゴー」を頂いた。

高価な頂き物だ。

箱を開けると鮮やかな赤色のマンゴーが2個。

その鮮やかな赤色の果皮が目に眩しい。

 

マンゴーは完熟すると自然に落果するのだそうだ。

宮崎でのマンゴー栽培が有名になったのは、

実にネットを被せてネットの中で落果したマンゴー

=完熟マンゴーの栽培法を確立したから。

ネットも実を傷つけない工夫がされているという。

 

さてどうやって食べようか?

今まで自分自ら購入したことが無いから、

ちょっと緊張・・・。

 

暑い日々が続く中、冷たく冷やしてから

同封されていた「召し上がり方」の書面を

参考にしてそのまま頂くのと、

冷たいスムージーにして頂くことを決めた。

 

書面によれば、マンゴーの種は平たいらしい。

実の頭の部分、枝が付いていた部分から縦に包丁を

種に沿って入れていく。

鮮やかなオレンジ色の果肉が現れてくる。

お椀型の身の部分が2つ、種の部分が1つ・・・

3つのパーツに分かれる。

 

種の部分が意外と厚い。

約1cm弱といったところか。

種の周りには実がたっぷり付いていたので、

堪らずしゃぶり尽くす。

口の周りの汚れなんか気にしない・・・。

マンゴー特有の濃厚さとそこに存在する適度な酸味が

口一杯に広がっていく。

 

マンゴーの美味しさを先ずは味わった後、

残った2つの実の部分にサイコロ状に包丁で切り込みを入れる。

皮がしっかりしているから皮の側を押すと

実が飛び出してサイコロ状の綺麗な形となる。

このままお皿に盛れば贅沢な食べやすいマンゴーデザート

の一品となる。

 

この一品を作ってからマンゴースムージーに挑戦。

同じように包丁を入れて3つのパーツを作る。

今回は種の周りにある実も出来る限り削ぎ取る。

オレンジ色が眩しいマンゴーの実と

氷とバニラアイスをジューサーへ投入。

濃厚なマンゴースムージーが出来上がった。