ホタテと黄ニラの煮物

「食」のよもやま話

小鉢が出てきた。

ホタテ黄ニラの煮物です」

女将が説明してくれた。

 

僕の今までの経験と知識では

黄ニラは普通の緑色のニラを育てる時に光を遮断するということ、

普通のニラと比べて独特の青臭さが少なくて甘く柔らかいということ、、、。

 

小鉢からホタテの身と黄ニラを同時に摘まんで口にする。

出汁が効いた煮汁の旨味が先ずは広がり、

噛みしめればホタテの柔らかな身から

ホタテの旨味と煮汁の塩気が混ざり合っていく。

そしてシャキッとした黄ニラがその甘みとともに追いかけてくる。