サツマイモの天ぷら(Sweet potato tempura)

「食」のよもやま話

天ぷら屋さんで程良く天ぷらを平らげている時、

サツマイモです」と大将がカウンターに置いてくれた。

見るからにホクホクの状態に揚がっている。

早速、塩をパラパラと振りかけて口に運ぶ。

 

「熱いからお気を付け下さいね」

大将の言葉を受けてフーフーと冷ましながら一片の半分を嚙み切る。

パリッとした衣の存在と塩っ気が口に飛び込んでくる。

その先にホクッとしたサツマイモを感じると同時に

なんとも言えぬ甘味が口に広がっていく。

その甘味が塩気によって更に引き立てられていく。

噛みしめていけば、サツマイモの甘味が

ホクホク感と共に凝縮された旨みに変わっていく。

この凝縮された素材の旨みを創り出すのが

天ぷらの真骨頂と言えるだろう。

ホクッとした甘味の部分は焼き芋と同じだが

この凝縮された旨みは天ぷらでしか味わえない。

 

「旨いねえ。」

「ありがとうございます。」

大将との会話が始まった・・・。

 

「横目で次は何がくるのかがわかるもんだけど

これは大将が油へ投入するのを見逃しちゃった。」

「サツマイモを揚げ始めたのはお客様がお席に着いた時なんです。」

 

「えっ!だって1時間以上前じゃ無い?」

「じっくりと低温で揚げるんです。」

 

大将の手間と技の詰まったサツマイモの天ぷら・・・

残りの一片は、普段とは違ってじっくりと味わった。