マカロニチーズ(Macaroni and Cheese)

「食」のよもやま話

手軽に作れるパスタの一つがマカロニチーズだと思う。

基本は茹でたマカロニにチーズを絡めるだけ。

チーズを絡める前にホワイトソースを作る本格的な

ものもあるが作り方に正解は無いと思っている。

ただ一つ言えるのは、僕の場合、時々無性に食べたくなるのが

マカロニチーズだという事だ・・・。

 

この日も急に思い立った。

マカロニが無かったら買いに行こうと思いながら探してみたらマカロニ発見。

冷蔵庫を見ればソーセージと前の日のお皿の添えものだったコーンの残り物・・・。

本来はチーズ以外は加えないのだろうが彩りとボリュームと

冷蔵庫の残り物有効活用としては許されるだろう。

チーズはパルメザンとクリームチーズを発見。

本当はチェダーチーズが一般的と聞いたことがあるがそんなのは関係無い・・・。

 

バターオリーブオイルでソーセージとコーンを

軽く炒めてからミルク、クリームチーズ、パルメザンを

加え、隣の鍋で茹でているマカロニのゆで汁で

味とソースの濃度を調整していく。

この時点での塩気は後から来るマカロニのゆで汁の

塩気を考慮して若干控えめにする。

ソースの濃度はマカロニを合わせてから旨味を

吸収するに十分な濃度にしておく。

ここは常道からかけ離れているかも知れないが

パスタを作る時の僕の編み出した我流レシピだ・・。

マカロニを規定の茹で時間より2分早めに引き上げて

ソースのフライパンに投入。

2分でしっかりとソースの旨味がマカロニに吸収されつつ

マカロニが茹で上がる。

 

お皿に盛って彩りのパセリを散りばめてから

大きめのスプーンで大盛りにすくい取って

一気に口に放り込む。