カルボナーラ(Carbonara)

「食」のよもやま話

カルボナーラ・・・チーズ黄の濃厚さ、僕はこの濃厚系が好きだ。

ただ何回も行っている本場イタリアはじめヨーロッパで食した事は無い。

最近良く行っているアメリカのレストラン、

日本のレストランで頼んでみるものの僕の感覚では今一歩の出来。

ならばYouTube動画で基本を学んで自分で作っちゃえ!

って事で時々作っているのが我流カルボナーラだ。

 

以下は僕流のカルボナーラ・・・

自分で言っちゃあお終いよ、なんだが、美味しい!

フライパンにオリーブオイルニンニクみじん切りを投入してグリルに着火。

じっくりとニンニクの全てをオリーブオイルに移してからベーコンを投入。

僕の感覚ではこのベーコンが薄切りでもブロックでも構わない。

もっと言えばベーコンが苦手な人ならハムやウインナーでも構わない。

じっくりと炒めた後に隣のコンロで茹だっているパスタのゆで汁を加える。

僕のやり方だけど・・・パスタが茹で上がる1〜2分前にフライパンに投入。

じっくりとパスタにニンニクとオリーブオイルとベーコンの旨みを

吸い取らせて・・・フライパンの火を止める。

そこへ卵+パルメザンチーズの混合液を加えて一気にかき混ぜる。

僕は卵は全卵を使うがより濃厚が好みの場合は卵黄をお薦めする。

フライパンでトローッとした状態に出来上がったカルボナーラを皿に盛る。

その上にたっぷりの黒胡椒を振りかけて食卓へ。