「 こ 」から始まる食材

コンブ

産地と属性 コンブ科コンブ目に属する海藻。 昆布は北海道を中心に東北の三陸海岸沖に分布している。天然の昆布の生産の95%は、北海道が占める。 栄養成分の働き 海藻にしか含まれないヨードは、甲状腺の分泌を促し、心臓の活動を活発...

コンニャク

産地と属性 コンニャクイモといわれる、サトイモ科の多年草植物の球茎から作られる加工食品である。 原産はインドシナ半島で、平安時代に仏教とともに中国から渡来したといわれている。 おもな産地は、群馬県、栃木県、埼玉県。 特有のぷりぷりと...

小麦

産地と属性 イネ科のコムギ属で一年草。 旬は、北海道なら7月下旬ごろ。 米やトウモロコシと並ぶ世界三大穀物の一つで、世界生産量は約6億トン(国際連合食糧農業機関の統計資料2006年より)。 中央アジアから西アジアが原産地とする説が有...

コマツナ

産地と属性 アブラナ科の野菜。 原産地は中南米。16世紀に探検家に発見され、世界に広がった。 日本には、明治時代半ばに伝わった。日本の産地は、埼玉、東京、神奈川。旬は、冬。 栄養成分の働き カルシウムの含有量はホウレンソウ...

ゴマ

産地と属性 ゴマ科ゴマ属の一年草。漢字では「胡麻」と書く。原産地は、アフリカのサバンナ地帯といわれている。 高温で紫外線にさらされる過酷な環境でも育ち、強い生命力をもつことで世界中に広がり、食用として利用されるようになった最古の植物の一...

ゴボウ

産地と属性 原産地は、ユーラシア大陸の北部。しかし、基本的に野生種を薬用として摂取しているだけで、食用にしているのは日本のみ。 中国では漢方として解毒、解熱、鎮咳(ちんがい)などの治療に使用されるが、食用ではない。 最近は、堀川ゴボウ...

コチュジャン

産地と属性 朝鮮半島が発祥地の赤い辛味噌で、コチジャンとも言われる。コチュは唐辛子の意味で、ジャンは醤、すなわち発酵させた調味料を指す。材料は、米粉やもち米粉を麹で発酵させ、赤唐辛子の粉を入れて熟成させる。辛みとともに甘さがあるのは、基本...

コチ

産地と属性 カサゴ目コチ科コチ属に属し、ほかのコチと区別するために、「マゴチ」もしくは「ホンゴチ」と呼ぶことが多い。そのほか、ヨゴチ、イソゴチ、シラゴチ、シロゴチなどの地方名がある。 上から押しつぶしたように平たく、細長い形をしているの...

コショウ(胡椒)

産地と属性 コショウ科コショウ属の植物で、その実を原料として作られる香辛料のこと。 原産地であるインドでは、2,500年前(紀元前500年頃)にはすでに胡椒の栽培が始まっていたといわれており、古代ギリシャでは医薬品として、ローマ帝国...

ココナツ

産地と属性 熱帯地方に広く分布する、常緑高木。樹高は10m以上にもなる。 果実は長さ30㎝ほどの卵型で、厚い繊維状のかたい外皮におおわれ、その中に胚乳をもったかたい種子がある。種子の中は、固形胚乳と中心部の液状胚乳に分かれる。1本の木で...
タイトルとURLをコピーしました