「 か 」から始まる食材

辛子明太子

産地と属性 スケトウダラの卵巣(明太子)を漬け込み液に漬けて塩タラコを製造(塩蔵)し、その後唐辛子や調味料を加えた二次漬け込み液に漬け込むことによって「辛子明太子」となる。明太子とは朝鮮語でスケトウダラのことを「明太」と呼ぶことにちなむ。...

かんぴょう

産地と属性 ウリ科、ユウガオの果肉部分を細長くむいた乾物。 漢字では「干瓢」「乾瓢」と書く。 ユウガオの原産は北アフリカやインドで、日本へは朝鮮半島を経由して伝来した。 全国生産量のトップである栃木県においては、県の特産品となってい...

寒天

産地と属性 テングサ科の紅藻(こうそう)類の加工品。 テングサは、一般的には紅紫色だが、日なたに干して白色に退色したものを乾燥させると、寒天の原料となる。ところてんの材料と同じで、ところてんから粘質物を抽出し、固めたもの。 江戸時代が...

カレイ

産地と属性 カレイ目カレイ科に分類される魚。漢字では「鰈」と書く。 世界中で100種類ほど生息しているといわれ、体の片側に両目がついているのが特徴。ヒラメと似ていて、目の位置で区別されている。右側に目がついているのがヒラメで、左側がカレ...

カリン

産地と属性 バラ科落ボケ属の葉高木。 中国原産。いつ日本に伝わってきたか、明確な時代は不明。 別名「安蘭樹(アンランジュ)」、中国では「木瓜(モッカ)」。日本では「花梨」と書く。 果実を食用として使い、ハチミツ漬けや砂糖漬け、ジャム...

カリフラワー

産地と属性 アブラナ科の二年生植物。 地中海東部の沿岸が原産で、キャベツの仲間。ブロッコリーの突然変異でできたといわれている。 日本に導入されたのは明治初頭だが、市場に出回るようになったのは戦後になってからで、ブロッコリーよりも普及は...

カラシナ

産地と属性 アブラナ科アブラナ属の2年草。漢字では「芥子菜」と書く。 原産は中央アジアから中国にかけた地域とされる。中国から渡来し、すでに平安時代に成立した『本草和名(ほんぞうわみょう)』に記載されていることから、歴史の古さがうかがえる...

カモミールティー

産地と属性 キク科の植物で、ジャーマンカモミール(一年草)と、ローマンカモミール(多年草)の2種類がある。 和名はカミツレ(加密列)。属名は子宮を意味するマトリカリアといい、かつて婦人病の改善に用いられたことに由来する。 原産地はヨー...

カボチャの種

産地と属性 ウリ科カボチャ属の果実の種子。カボチャは漢字で「南瓜」と書く。 カボチャの原産地は中央アメリカで、日本の産地は北海道、鹿児島県、茨城県など。 旬は夏。食用として利用されるのは、西洋カボチャ、日本カボチャ、ペポカボチャ、ミク...

カマス

産地と属性 スズキ目サバ亜目カマス科。漢字表記では、「魳」、「大和叺」、「大和梭子魚」などと書く。 江戸時代には機織(はたお)りの、緯糸(よこいと)を巻いて収めた平らな舟型の緯糸を通す道具、梭(き)に形が似ているところから、「梭魚」、「...
タイトルとURLをコピーしました