「 た 」から始まる食材

タラバガニ

産地と属性 タラバガニ科タラバガニ属に分類される甲殻類の一種。生物分類学上はカニ下目ではなくヤドカリ下目に分類されているため、カニではなくヤドカリの仲間である。但し、水産業・貿易統計等の分野ではカニの一種として取り扱われている。英語圏では...

タンポポ

産地と属性 キク科タンポポ属。日本各地の草地、山間に生息。花の咲く時期は、3月~4月。 西洋タンポポと、在来種の関東タンポポ、関西タンポポなど30種類がある。 黄色い花が上を向いて開くのが在来種で、花が外側に反り返るのは西洋タンポポ。...

タラの芽

産地と属性 日本原産で、チョウセンニンジンやエゾウコギなどと同じウコギ科の植物。 漢字では「楤芽」と書く。 代表的な春の山菜のひとつで、標高1500mくらいの伐採地や丘、林などの日当たりがよいところに群生する。タラノ木の葉が開く前の新...

タラゴン

産地と属性 キク科ヨモギ属の多年草。 基本的に種子ができないため、地下茎で繁殖させる。 ドラゴンを意味するギリシア語が語源で、別名「エストラゴン」ともいう。 シベリア原産であるが、フランスで改良されたものはフレンチ・タラゴンと呼ばれ...

タラコ

産地と属性 タラの卵巣(魚卵)。漢字では「鱈子」と書く。 とくに、「スケトウダラ」の卵巣を塩漬けにしたものをさす。 おもな産地は北海道で、とくに白老町の虎杖浜(こじょうはま)で加工されたものが有名。明治の末期、北海道で、マダラに変わっ...

タラ(鱈)

産地と属性 タラ科。漢字では「鱈」、あるいは「大口魚」と書くことも。 旬は冬で、1~2月が味のいちばんいい時期。 北方の寒流に生息し、肉質が変わりやすいため捕獲したらすぐにかまぼこなどの原料となる、すり身に加工される。 グルタミン酸...

タマネギ

産地と属性 原産地は中央アジア。日本への渡来は江戸時代。 旬は4と10月の2回。 栄養成分の働き 切った時に鼻などの粘膜を刺激して涙を止まらなくさせるのは、香味と辛味成分であるアリシンによるもの。 アリシンには強い殺菌作用があるの...

タマゴ(卵・玉子・鶏卵)

産地と属性 昔から、病人や乳幼児には欠かせない栄養食品として重宝がられている。 現在売られている卵のほとんどは無精卵で、卵殻が白色の白玉が主流である。このほかにも有色の赤玉、薄赤玉、青色卵などや、地鶏卵(地鶏というブランドのニワトリが産...

タピオカ

産地と属性 トウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。 「キャッサバ」と呼ばれる、イモの根からとったでんぷんのこと。 世界じゅうの熱帯地方で栽培されており、ナイジェリア、ブラジル、タイが主要生産国で、主食としても使われる。日本は、おもにガー...

タデ

産地と属性 タデ科の1年草。 漢字では「蓼」と書く。おもに「ヤナギタデ」をさす。 「ベニタデ」、「アオタデ」、「ホソバタデ」などがある。 特有の青臭い香りと、辛味がある。 香辛料として、薬味や刺身のつまなどに用いられる。 葉をす...
タイトルとURLをコピーしました